RISO logo

よくあるご質問(FAQ)

お問い合わせの多い使用方法や疑問点をQ&A形式でご紹介しています。ご使用の製品を選んでご覧ください。


カテゴリ選択
全体
オルフィス GD
オルフィス FW
オルフィス EX
オルフィス X
リソグラフ MF935W
リソグラフ MF935 / MF635 / MF625
リソグラフ ME935W
リソグラフ ME935 / ME635 / ME625
リソグラフ MD6650W
リソグラフ MD6650 / MD5650 / MD5450
リソグラフ MZ970 / MZ770 / MZ730
リソグラフ SF939G / SF939
リソグラフ SF935 / SF635 / SF625 / SF525
リソグラフ SF935Ⅱ / SF635Ⅱ / SF625Ⅱ / SF525Ⅱ
リソグラフ SE938F / SE938 / SE638F / SE638 / SE628
リソグラフ SD6680F / SD6680 / SD5680F / SD5680 / SD5480
リソグラフ SD5630 / SD5430 / RZ670 / RZ630
リソグラフ SD5430L / RZ430
リソグラフ RZ977 / RZ970 / RZ777 / RZ770 / RZ737 / RZ730
リソグラフ 目的別サポート情報
理想かんたんパレットSP
理想筆耕職人のし Ver.3
理想筆耕職人のし Ver.2
理想筆耕職人会葬礼状 Ver.3
理想筆耕職人会葬礼状 Ver.2


よく利用されているFAQ
一覧
USBメモリに印刷データを保存するフォルダの作り方を教えてください。
インクボトル1本で、何枚くらい印刷できますか?
USBメモリに保存したWordやExcelなどの文書ファイルを印刷することはできますか?
封筒に印刷できますか?
両面の印刷はできますか?

  コンテンツID:1653
リソグラフ SF935 / SF635 / SF625 / SF525 > 仕上がり
リソグラフ SF935 / SF635 / SF625 / SF525 > 給紙/排紙
リソグラフ SF935 / SF635 / SF625 / SF525 > 製版/印刷
リソグラフ SF935Ⅱ / SF635Ⅱ / SF625Ⅱ / SF525Ⅱ > 仕上がり
リソグラフ SF935Ⅱ / SF635Ⅱ / SF625Ⅱ / SF525Ⅱ > 給紙/排紙
リソグラフ SF935Ⅱ / SF635Ⅱ / SF625Ⅱ / SF525Ⅱ > 製版/印刷
 
用紙の裏面に、前の印刷物のインクが移ってしまいます。
 

印刷機本体では、印刷物が高速で排出されます。そのため、用紙によっては印刷物のインクが十分に乾かず、次の印刷物の裏面にインクが移って汚れてしまうことがあります。これを「裏移り」と呼びます。

裏移りを防止するには、以下のいずれかの方法をお試しください。


●[印刷速度]を調節して印刷してください。

印刷速度を遅くすることで裏移りを軽減できます。

印刷中でも調節できます。

1) 操作パネルの印刷速度調節キーを押す
 
  [1]に設定すると、最も遅くなります。

●[印刷濃度]を調節して印刷してください。

印刷濃度を薄くすることで裏移りを軽減できます。

印刷中でも調節できます。

1) 操作パネルの印刷濃度調節キーを押す
 
  [1]に設定すると、最も薄くなります。

●[読取濃度]を調節して再度製版してください。

読み取り濃度を薄くして製版することでインク量を抑え、裏移りを軽減できます。

■SF935/635/625/SF935Ⅱ/635Ⅱ/625Ⅱ:

1) タッチパネルの[基本]タブ画面で[読取濃度]をタッチする
 
2) 読み取り濃度を薄くする
 
  [1]に設定すると、最も薄くなります。
3) [確定]をタッチする

■SF525/SF525:

1) 操作パネルの読取濃度調節キーを押す
 

●[省インク]を設定して再度製版してください。

■SF935/635/625/SF935Ⅱ/635Ⅱ/625Ⅱ:

1) タッチパネルの[機能一覧]タブ画面で[省インク]をタッチする
 

■SF525/SF525Ⅱ:

1) 操作パネルの[省インク]キーを押す
 
 
【メモ】 [省インク]をONにすると、印刷濃度が薄くなります。
  印刷時に[省インク]の設定を変更しても、ドラムにセットされている製版済みのマスターには反映されません。[省インク]の設定変更は、次回の製版時に反映されます。
  [省インク]がONのとき、[読取濃度]や[印刷濃度]は変更でません。

●SF935/635/625/SF935Ⅱ/635Ⅱ/625Ⅱでは、[インターバル印刷]を設定して印刷してください。

次の印刷物が排出されるまでの間隔を長くして、インクが乾く時間をつくります。次の印刷物が排出されるまでの間隔は、ドラムを空転させる回数で調整します。

1) タッチパネルの[機能一覧]タブ画面で[インターバル印刷]をタッチする
 
2) [ON]をタッチする
 
3) ドラムの空転数を指定する
1~10回の間で設定できます。
 
【メモ】 空転数を増やすほど裏移りを回避できる可能性が高くなりますが、その分印刷終了までの時間が長くなります。
4) [確定]をタッチする
この情報は役に立ちましたか?

上記内容または対応で解決しないトラブルや操作、その他お問い合わせにつきましては、左側メニューの[製品についてのお問い合わせはこちら]をクリックし、フォームまたはお電話でお問い合わせください。

コンテンツについてご意見・ご要望などございましたら、以下のフォームにご記入のうえ、送信ボタンを押してください。
(※ご意見・ご要望に関しましては、システム上こちらからのご回答はできません)
いただいたご意見・ご要望につきましては、今後のコンテンツ制作・改善の参考にさせていただきます。
ほかの人はこんなFAQも見ています
用紙がドラムに巻き付いてしまいます。
ドラムに巻き付いた製版済みマスターを第三者に印刷されないよう安全に管理するにはど...
印刷物の縁(フチ)や裏面が汚れたり、原稿ではない箇所に地汚れが出たりします。
パソコンから出力指示をしたのに、プリントがスタートしません。
プリントされた画像が薄くなってしまいます。

Copyright 2017 RISO KAGAKU CORPORATION. All Rights Reserved.